Tiny -超小型 卓上型-


Tiny

超小型 卓上型

特長

  • 石川式撹拌擂潰機の基本性能はそのままで、最小サイズを実現。
  • 乳鉢での擂り潰し作業を手作業で行っている研究・開発者に最適な自動乳鉢。
  • 杵筒にばねが内蔵されており、圧力をかけながら撹拌・擂潰可能。
  • 処理状況が確認しやすいLED照明付き。
  • ACコードの着脱可能により、どこにでも移動しやすく、かつ収納しやすい設計。
  • ステンレス筐体採用により耐薬品性が向上し、実験室やクリーンルームでの使用用途が拡がる。
  • 飛散防止、安全処理等を目的としたアクリルカバーを標準装備。
  • 卓上型のため、ドラフトチャンバーやグローブボックス内での使用が可能となり、有機溶剤等を含んだ物質の擂潰もカバー材質を選べば可能。

好適使用事例

  • 実験室の自動乳鉢として、多くの水準試験に最適。
  • グローブボックスを用いてアルゴンガス雰囲気内でのスラリー、ペースト、コロイドを分散、混練、粉砕。
  • ドラフトチャンバー内で溶剤を加えたスラリー、ペースト等の分散、混練時の濃縮作業で杵の撹拌効果と杵先の粉砕作業により均一な分散、混練処理を実現。
  • 下記メカニカルアロイングを用いて、電子材料や二次電池材料の合成可能。

 

石川式攪拌擂潰機(カクハンライカイ機)は「攪拌」「分散」「すりつぶし」「混合」「練り合わせ」「粉砕」「破砕」を同時に行う事が出来る機械です。

これにより、撹拌機、分散機、混練機、粉砕機等専用機では実現出来ないメカノケミカル、メカニカルアロイの様な処理効果が認められます。

独自の構造で、粒径均一性、混合均一性を実現します。


性能

型式 Tiny型
回転方式 OR式 (*1)
鉢    種類 磁器鉢
内径(mm) 90
深さ(mm) 53
加工容積(L) 0.03
機械外寸   奥行(mm) 286
幅(mm) 175
高さ(mm) 327

電源
単相100V(w)

40
杵数 1
重量(Kg) 12.5

(*1) 回転方式「OR式」:鉢は回転させず、杵も自由回転する機構のことです

製品の動き

※機械稼動をご覧頂く撮影のため本機はインターロック機能を付けておりません。

印刷用PDF

ダウンロード
Tinyカタログ
1-1.微量機_Tinyカタログ.pdf
PDFファイル 1.2 MB

関連製品

微量機

小型機

大型機