AGB-可変速対応 卓上型-


石川攪拌擂潰機 AGB 可変速対応 卓上型

AGB

可変速対応 卓上型

特長

  • 石川式撹拌擂潰機の特徴そのままに、杵筒をモータで強制回転させることでより高い擂潰性能を有する。
  • 粘度の高い材料の撹拌・擂潰にも好適。
  • 杵筒にばねが内蔵されており、圧力をかけながら撹拌・擂潰可能。
  • 卓上型(AGB型)は研究開発分野での実験に適し、ドラフトチャンバーやグローブボックス内での使用も可能。
  • 鉢・杵先の材質として、めのう、アルミナ、炭化タングステンを用意しており、お客様の要望に応じ、硬い物質の混錬・擂潰等に適した鉢・杵先材料を選択可能。

好適使用事例

  • 研究開発向け実験機として、少量の下記材料の擂潰(擂り潰し)、分散にご採用いただいております。
  • 特に医療・薬品分野でのご採用が多く、医薬品の混錬・擂潰(擂り潰し)・混合等で使用されております。
  • 少量の実験室レベルでのメカニカルアロイング、メカノケミカル処理に適している。
    ‐チタン(Ti) 、ジルコニア(ZrO2)、シリカ(二酸化ケイ素 SiO2)、アルミナ・酸化アルミニウム(Al2O3)、シリコンカーバイト(SiC)、窒化ケイ素(Si3N4)等のセラミックス材料
    ‐カーボン、イリジウム、ビスマステルライド(Bi2Te3)、スズ、ニオブ、タングステン、モリブデン、アンチモン、白金、金、銀、銅等のレアアース/高機能金属の処理。

石川式攪拌擂潰機(カクハンライカイ機)は「攪拌」「分散」「すりつぶし」「混合」「練り合わせ」「粉砕」「破砕」を同時に行う事が出来る機械です。

これにより、撹拌機、分散機、混練機、粉砕機等専用機では実現出来ないメカノケミカル、メカニカルアロイの様な処理効果が認められます。

独自の構造で、粒径均一性、混合均一性を実現します。


性能

型式 AGB型
回転方式 FR式 (*1)
鉢    種類 めのう アルミナ(97%) 炭化タングステン
内径(mm) 120 140
深さ(mm) 30 63
加工容積(L) 0.05
機械外寸   奥行(mm) 380
幅(mm) 405
高さ(mm) 690

電源
単相100V(kw)

0.2
杵数 1
付属機能 アナログタイマー、インバータ、
インタロック標準装備

(*1) 回転方式「FR式」:鉢は回転させず、杵を公転させながらモータで強制自転させる機構。

製品の動き

※機械稼動をご覧頂く撮影のため本機はインターロック機能を付けておりません。

印刷用PDF

ダウンロード
AGBカタログ
1-3.微量機_AGBカタログ.pdf
PDFファイル 760.0 KB

関連製品

微量機

小型機

大型機