24R号-加熱・冷却型(電熱湯煎型) 堅型(自立型) 鉢傾斜型-


石川攪拌擂潰機 24R号(加熱・冷却型) 加熱・冷却型 堅型(自立型) 鉢傾斜型

24R(加熱・冷却型)

加熱・冷却型(電熱湯煎型) 堅型(自立型) 鉢傾斜型

特長

  • 石川式撹拌擂潰機の基本モデル+鉢傾斜機能と加熱機能を付加。
  • 杵が2本準備されており、擂潰性能が向上している
  • 加熱機能は、電熱線で2重釜内の水を加熱する湯煎タイプ。
  • 鉢を傾斜することにより、鉢・杵の交換が容易となり、さらに、擂潰材料の投入・取出しも容易となっている。
  • 鉢が傾斜することにより擂潰後の機械清掃が容易。
  • オプションで食品等に適した金属鉢の選択可能。
  • オプションでサーモスタットの取付も可能。
  • 温水循環式による加熱をしながら擂潰処理を行うこともできる。
  • インバータ、タイマーがオプションで準備されておりますので、回転数の変更や運転時間の設定が可能。
  • 不凍液を循環させることにより、加熱だけではなく、冷却することも可能。(冷却の場合、ご使用環境により結露などの対策が別途必要になる場合もあります。)

好適使用事例

  • 粘度の高い材料の撹拌・擂潰にも好適。
  • ボールミルや遊星ボールミルに比べて、加工エネルギーが小さく、メカニカルアロイング、メカノケミカルでの材料開発に好適。
  • 材料が取り出し易く、清掃時間も短縮できるため、多くの材料を処理することや多くの水準で試験等を行うことに適してます。
  • 加熱しながら、撹拌・分散処理ができるため、チョコレートなどの融点が低い食品等の処理に適している。(金属鉢を推奨)

石川式攪拌擂潰機(カクハンライカイ機)は「攪拌」「分散」「すりつぶし」「混合」「練り合わせ」を同時に行う事が出来る機械です。

これにより、撹拌機、分散機、混練機、粉砕機等専用機では実現出来ないメカノケミカル、メカニカルアロイの様な処理効果が認められます。

独自の構造で、粒径均一性、混合均一性を実現します。

  • 鉢の素材
    ‐磁器鉢:磁器は耐酸性が強いために、化学薬品の擂潰に適している。
    ‐砲金:素材の硬度が比較的に柔らかいので、ソフトな擂潰に適している。
    ‐ステンレス:衛生的で食品等に適している。
    ‐鋳鉄:鉄素材のため、万能な素材。

性能

型式 24R
回転方式 OR式 (*2)
種類 磁器・金属鉢
内径(mm) 355
深さ(mm) 203
加工容積(L) 7
機械外寸 奥行(mm) 830
幅(mm) 950
高さ(mm) 1270
電源
三相 200V(kW)
0.4

ヒーター

単相 200V(kW)

0.4
杵数 2

(*2) 回転方式「OR式」:鉢は回転させず、杵を公転させながら自転させる機構。

製品の動き

※機械稼動をご覧頂く撮影のため本機はインターロック機能を付けておりません。

20号竪型(自立型)の動画映像

印刷用PDF

ダウンロード
2-5_小型機・24R(加熱冷却型).pdf
PDFファイル 281.3 KB

関連製品

微量機

小型機

大型機