保守部品について(鉢杵のご購入・交換)

石川式撹拌擂潰機の鉢、杵を初め、安全カバーやかき板(かき棒)、杵先等を保守部品として販売をしております。特に鉢杵は突然の破損等に備えて予備としてご購入をお勧めしています。また、この他、機械用の歯車、シャフト等の機構部品や杵心棒、杵ばね、口金等の杵部品等の石川式撹拌擂潰機のオリジナル純正部品やベルト、モーター、真空ポンプ等の機械搭載部品も販売しております。

*弊社では製造番号、ご購入お客様名や履歴をデータベースとして蓄積することにより、さらに正確で効率的なサポートを可能にしております。

保守部品ご購入、お問い合わせの際は、形式(機種名)、製造番号のご確認ご連絡を頂きます様お願いします。

形式(機種名)/製造番号の確認方法

形式(機種名)/製造番号は機械本体のフレームに貼付されている緑色の金属プレートに記載されています。

金属プレートの写真
金属プレートの写真

鉢杵の交換/予備の鉢杵のご購入について

鉢と杵はお客様の機械のご利用時間や処理材料によりますが、徐々に摩耗していきます。

磁器製の乳鉢は、杵先との摩耗によりすり減ることで、処理中のちょっとした衝撃により突然、割れることがあります。また杵先はすり減ることで、撹拌擂潰にかかる時間や処理結果に変化が発生することがあります。 撹拌擂潰処理結果の品質安定のため、また突然の破損による機械停止を防止するためにも、予備の鉢、杵をお持ちいただく事をお勧めしています。

標準の鉢と杵の組み合わせ

鉢の種類 杵の種類
杵筒 杵先
磁器鉢 磁器(杵筒と杵先一体型)
砲金筒

木 杵先

または

テフロン杵

ステンレス筒
石臼 砲金筒
ステンレス筒
砲金鉢 砲金筒
ステンレス鉢  ステンレス筒

鉢の説明


磁器製鉢

SiO2を主成分とする鉢で、硬い加工物の粉砕が可能です。耐薬品性にも優れています。磁製なので半導体関連の様な金属粉の混入を極度に嫌う作業にも最適です。


石臼

花崗岩で作られた臼です。カリ長石・石英・斜長石・雲母などの鉱物結晶からなり、臼表面の滑りが磁器鉢より若干弱い為、杵先が加工物を捕らえ易いので効率が良く、加工物を若干冷やす効果もあります。耐薬品性にも優れており清潔に保てます。


砲金鉢

熱伝導率に優れ、耐食性も良いです。


ステンレス鉢

耐食性に優れています。


鋳鉄鉢

熱伝導率は砲金と同じで、多少安価です。


めのう鉢

硬さは磁器鉢と同じですが、耐摩耗性に優れています。分析用途に適しております。


アルミナ鉢

硬度が高く耐摩耗性に優れ、硬い加工物の粉砕に適します。耐薬品性にも優れており清潔に保てます。


炭化タングステン鉢

当社で最も硬く耐摩耗性の優れた鉢です。分析用途に適しております。


杵の交換、ご購入について

杵の保守部品をご用命の際は、号数(杵のサイズ)、杵番号、杵の種類(杵筒と杵先の材質)

磁器杵の場合は、標準型、防塵型、T型のいずれかをご確認下さい。確認方法は以下になります。またご不明な場合は、製造番号と型式をご確認の上、お問合せ下さい。

杵番号の確認方法

杵番号は、杵心棒の上部の線の本数で識別できます。

【杵心棒 上端】

左から1番杵、2番杵
左から1番杵、2番杵

【ボックス 杵取付け穴】

左から1番、2番
左から1番、2番

同様に3番杵は3本線、4番杵は4本線の切込み線が彫られています。

杵筒と杵先のタイプ

材質:杵筒/杵先

1=ステンレス/めのう 

2=鉄一体 

3=ステンレス一体 

4=砲金/木 

5=ステンレス/磁器(製造中止) 

6=ステンレス/木 

7=ステンレス/テフロン 

8=磁器一体

 

磁器杵の種類と識別方法

タイプ 基本的な構造 杵内部のメンテナンス 基本構造
分解可否 必要工具 特記事項 口金 オイルシール(ゴム製)
防塵 粉体などの材量の擂潰し用オイルシール装着型 万力等 専用工具で分解組上げ可能。基本的に石川工場でオーバーホール 定期的なメンテナンスで長期的に使用可能 1ピース あり
T型 メンテナンスのために分解が容易な構造 ドライバー ドライバーで分解・組上げ可能 メンテ頻度が高い場合に適する 2ピース なし
 通常 単純な構造で比較的安価

不可

 

 

接着のため分解不可 消耗によって使い捨て 1ピース なし 

杵筒にXXーTと杵のサイズ(型式)に“T“が表示されている場合は防塵杵かT型杵です。

防塵杵かT型杵の識別は写真をご参照下さい。

18号の防塵杵とT型杵の例

防塵杵(防塵シール付き)
防塵杵(防塵シール付き)
T型杵(2つの口金をねじ止め)
T型杵(2つの口金をねじ止め)

磁器鉢(乳鉢)を交換の際には、サイズと材質をご確認下さい。ご不明な場合は、形式と製造番号をご確認の上、お問合せ下さい。

なお、磁器鉢(乳鉢)交換をされた場合は“心出し”という乳鉢を機械にセットする

位置調整が必要になります。

磁器鉢は、焼き物であり、形状や大きさに個体差があります。

磁器製 乳鉢のサイズ確認方法

18号用の磁器鉢(例)
18号用の磁器鉢(例)

磁器製鉢のサイズは鉢の前面に表示されています。

*磁器製乳鉢以外の金属釜やアルミナ乳鉢の場合は号数の表示がありませんので、形式(機種名)と製造番号をお伺いし、弊社のデータベースと照合して乳鉢の材質や形式等確認を致します。

かき板、かき棒のご購入について

お使いのかき棒、かき板についてご不明の場合は形式(機種名)と製造番号をご確認の上、お問合せ下さい。

卓上機用(Dシリーズ)の保守部品

(乳鉢、乳棒(杵)は石川式撹拌擂潰機 機械サイズ毎に全機械共通です。)

ご不明な場合は、形式(機種名)と製造番号をご確認の上、お問合せ下さい。

飛散防止カバー
飛散防止カバー
防塵磁器杵
防塵磁器杵
かき板
かき板

※Dシリーズ(卓上機)

卓上機(Dシリーズ)に石臼(花崗岩)とステンレス杵(木杵先またはテフロン杵先)のお取付することも可能です。石臼は、摩擦熱を抑制する効果があります。食材の開発や少量の生産に素材本来の風味や香りを損なわずに擂り潰しをすることが出来ます。


*石臼はD16S~D22Sまでにお取付けが可能です。

AGA/AGB/AGZ用の保守部品(乳鉢、杵)について

AGX型の鉢と杵は専用になります。また、鉢ホルダーとセットでのご購入やメノウ鉢の研磨サービスも承っております。

材質

1=アルミナ

2=メノウ

3=タングステン

(乳鉢と杵先は同じ材質の組合せとなります)

ご注意

機械部品は石川工場内で個別に調整をしながら最適な状態でお取付をしております。

つきましては部品の調整具合によっては、ご購入頂いた部品がそのままではお取付け出来ず、お取付けが出来た場合でも正常な機械動作に支障が出る事があります。

修理ご希望、保守部品購入のお客様へ

弊社では製造番号、ご購入お客様名や履歴をデータベースとして蓄積することにより、さらに正確で効率的なサポートを可能にしております。

従いまして、ご連絡をいただきます際は「会社名・部署名・お名前・電話番号・FAX番号・電子メールアドレス」「機種型式名」「製造番号」を、また部品購入の場合には「部品名と数量」を加えましてご連絡ください。